百石幼稚園には、広い広い畑があります。

ジャガイモとさつまいもと大豆をたくさんうえても

まだまだ余ってしまうほどの広大な畑です。

広い畑で子供たちが学ぶのは「食の手間」です。

一個か二個芋を植えても、5~6個収穫しても

栽培の面白さは感じても、実際食べ物のありがたみを感じることはないでしょう。

百石幼稚園では、たくさん植えてたくさん収穫します。

収穫するのも一苦労なら、それを運ぶのも一苦労。

食べ物を作る苦労も体験して初めて

「食のありがたみ」がわかるのです。

苦労して運んだお芋はとってもおいしいそうです。

収穫の少ない年はがっかり。どうして?天気が悪かったから?

食べ物を収穫するのは大変なんだね。

自然は大事だね。太陽は大事だね。雨も大事だね。

自分の体験でしっかりと感じられるから

作る人の気持ちを感じることもできるようになってきます。

広大な畑があって、子供たちが体験できる環境は

本当に贅沢でありがたいことです。

今年もまずはジャガイモから。

子供たちの学びが始まります。