百石幼稚園では、0才からの教育環境を掲げて、日々子どもたちの成長のために出来ることを、こつこつ積み上げています。

ゴールは、子どもたちの幸せな未来。とても長く遠い目標です。

でも、未来は、今の積み重ねであると知っているなら、今をおろそかにすることなどできません。

今が違うことは、当然未来が違う事。だからこそ、今の環境にこだわります。

最近では、乳児期の動きの大切さについて深く学んでいます。乳児期に必要な動きとは、ハイハイや、寝返り、抱っこや食事などです。

どれも当たり前のことですが、最近では当たり前が当たり前にできない環境になりました!

だからこそ、当たり前の環境をしっかりと準備すること。体験させること、継続すること。

目立つことではないけれど、こつこつと行ってきたことは、園児の成長の「差」として、表れています。

以前に比べても、子どもたちの動きがしっかりしてきたことや、発語にも影響が出ていること。言葉に差があれば当然、思考にも差があります。

動ける環境を整えることはもちろんですが、そのすべてに「子どもたちが安心できる環境」の保証がなければなりません。

そこで、職員間の意思疎通を図り、職場環境としても「安心できる」ことを心がけ、10年。今着実に環境が整ってきております。

全ては子どもたちの幸せな未来のため、今日の成長のため。

百石幼稚園は安心できる場所である努力を、これからも続けます。努力しなくては、人は慣れてしまうものだから。

子どもも大人も 安心できる場所で動き働けることを目指して。百石幼稚園は続けていきます。